SLURP-hero-from-studio-Session-2020-10-20-031-1920px

「コーヒーのいろは」連載記事

コーヒー豆/粉の保存方法

コーヒーは、日が経ってしまったりして傷むと、味も悪くなります。なので、コーヒーを上手に保存することは、おいしいコーヒーを淹れる上で大事な過程の1つと言えるでしょう。それでは、コーヒーの風味を保ちながら上手にコーヒーを保存するにはどうしたらいいのでしょうか。

コーヒー豆は、コーヒー粉に比べて保存可能期間が長いため、コーヒーグラインダーをご家庭に1台持ち、豆の状態でコーヒーを保存することが賢い方法です。コーヒー粉は数週間しか保ちませんが、コーヒー豆は保存状態が良ければ数ヶ月間保ちます。ただ、数ヶ月を過ぎると、たとえコーヒー豆であっても、生鮮食品である異常、風味はどんどん落ちていくので、注意が必要です。

コーヒー豆/粉は、もともと入っている密閉袋に入れて保存すると、一番良く持ちます。

fraser coffee 25102020

コーヒーの4つの天敵

コーヒーには4つの天敵があります。空気、湿気、日光、そして気温です。4つもあって難しそうに聞こえますが、コーヒーの保存は科学実験のように難しくもなければ、お金もかかりません。基本さえ抑えていれば、コーヒーの保存方法についていつも頭を悩まされることはありません。

1. 空気

コーヒーにとって最大の天敵は、空気です。コーヒーに含まれる脂質は、空気に触れると簡単に酸化し、古くなります。よって、密封状態でコーヒーを保存することが大切です。

多くの場合、コーヒーがもともと入っている袋は密封状態なので、酸化などの問題が発生するのは、袋を開封してからです。一概に言って、この問題への解決策は、もともとのコーヒーバッグに何度も開け閉めできるチャックがついていることです。例えば、SLURPのコーヒーバッグは、何度も開け閉め可能で、長期間の保存が可能です。もしコーヒーバッグ自体が密閉できるものでない場合は、コーヒーバッグを、別の密封容器に入れて保存するのが良いでしょう。

ただ、コーヒーを別の容器などに移し替えること自体がコーヒーを空気にさらしてしまうため、あまりおすすめはできません。

2. 湿気

コーヒー豆・粉は、湿気に非常に弱く、湿気にさらされるとすぐに悪くなります。コーヒーバッグは、湿気を含んだり、誤って水分が入ってしまわないように、しっかりと封をしておく必要があります。

3. 日光

日光はコーヒーを痛ませます。焙煎直後であれば特に、直射日光に長く当たっていればいるほど、どんどん傷んでいきます。なので、食器棚など、日光の当たらない場所にコーヒーを保管することが大事なのです。

4. 温度変化

気温が上昇すると、コーヒーの持つ香りがどんどん弱くなってきて、味も薄れてきます。特に、急激な温度変化は、湿度にも変化をもたらし、その結果コーヒーを台無しにしてしまうこともあります。なので、コーヒーをストーブの横に置いておくなんてことは御法度です。

grind CC MaxPixel

コーヒーを冷蔵庫や冷凍庫で保存する

コーヒーを冷蔵庫や冷凍庫で保存すると良い、というのは誰もがどこかで聞いたことのある情報だと思いますが、果たしてそれは良い方法なのでしょうか?

冷蔵庫

温度が急激に変化しやすい冷蔵庫の中では、湿気が生まれやすく、コーヒーを速く痛めることにつながってしまいます。このことは特に、コーヒーを普段から冷蔵庫で保存しているケースによく当てはまります。

コーヒーを冷蔵庫で保存することについてくる最大のリスクは、コーヒーバッグの不浸透性です。もしコーヒーバッグがちゃんと閉まっていなかったり、穴が開いていたりすると、コーヒーが冷蔵庫の中にある食品のにおいを吸ってしまいます。開封前のコーヒーバッグは、開封後のものに比べるとダメージは大きくはありません。

冷凍庫

コーヒーを冷凍させることは、開封前で、しかも数週間から長くても数ヶ月だけしか冷凍庫で保存しないとわかっているときはいい方法でしょう。コーヒーを冷凍させることで、風味の減退を少し遅らせることができます。ただし、開封前のコーヒーに限った方が良いでしょう。

コーヒーバッグを冷凍庫から取り出したら、時間をかけてゆっくりと解凍します。冷たいままの袋を開けてしまうと、気温の変化から湿気が発生し、コーヒーを台無しにしてしまいます。